福岡県みやま市のほほえみクリニック。小児科、新生児内科、アレルギー科、内科、プラセンタ療法、医療用ピアス他。

悩んでないで相談ください

TEL0944-62-5050

アクセスマップ

[休診] 水曜午後・土曜14時以降・日曜・祝日

ほほえみクリニックから感染情報のお知らせ

福岡県感染症発生動向調査です。

新型コロナウイルス感染症数は少ないようです。

今週2名いらっしゃいました。

風邪と思われている人の中にはいらっしゃるようです。

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)は昨年よりずっと警報レベルになっております。

このように長く警報レベルの流行は珍しいです。

それだけ新型コロナウイルス感染症による外出の控え、マスクの装着、他人との交流などにより

自己免疫力が低下していると思われます。

発熱があり、咳が少なく、3歳から中学生の方で咽頭痛がある方は疑わしいです。

当院では迅速検査で診断ができます。

園で流行していている時には要注意です。

園で流行しており、発熱されてる園児さんはしっかりとのどを観察させてもらいます。

疑わしければ検査を行います。(綿棒でのどの奥をぬぐいます)

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)の治療は10日間抗生剤を飲みます。

しっかりと飲み終わらないと、まれに急性腎炎、リウマチ熱、気管支炎、血管性紫斑病などを発症します。

抗生剤を1日間飲み終われば感染力は低下しますので、登園、登校は可能です。

手足口病が増加傾向です。

園でも増えてきてませんか。

今年も全身の発疹のようです。口の中に発疹が出来ると痛くて不機嫌、食欲低下に繋がります。

特効薬がないため、対症療法となります。

発疹にはお薬は必要ありませんが、ご家族でのタオルの共用は控えてください。

今後も定期的に感染情報については発信していく予定です。

 

更新

 


page
top