福岡県みやま市のほほえみクリニック。小児科、新生児内科、アレルギー科、内科、プラセンタ療法、医療用ピアス他。

悩んでないで相談ください

TEL0944-62-5050

アクセスマップ

[休診] 水曜午後・土曜14時以降・日曜・祝日

ほほえみクリニックから感染情報のお知らせ

福岡県感染症発生動向調査です。

昨年秋頃よりA群溶血性レンサ球菌咽頭炎が警報レベルの状態です。
ほほえみクリニックでは週に2.3人診断くらいとそう多くないです。

新型コロナウイルス感染症は月に1.2人です。

手足口病は週1.2人くらいです。紅斑が少しのお子様から
全身のお子様までいらっしゃいます。
過去に2ヶ月の間に4回罹患したお子様がいました。

手足口病(hand, foot and mouth disease:HFMD)は、口腔粘膜および手や足などに現れる水疱性の発疹を主症状とした急性ウイルス感染症です。コクサッキーA16、A6、エンテロウイルス71などのエンテロウイルスが原因です。
基本的に予後は良好な疾患ですが、急性髄膜炎の合併が時に見られ、稀であるが急性脳炎を生ずることもあります。

特異的な治療法はありません。発疹にかゆみなどを伴うことはまれです。
口の発疹に刺激にならないよう柔らかめで薄味の食べ物を勧め、何よりも水分不足にならないようにしましょう。
しかし、元気がない、頭痛、嘔吐、高熱、2日以上続く発熱などの場合には髄膜炎、脳炎など考えますので
再度受診しましょう。

大部分は軽症であり集団生活の問題は少ないため、発疹だけであれば登校、登園は可能です。
発熱があるお子様は、解熱後1日経過して登校、登園させましょう。

感染性胃腸炎は気温差が大きいこの時期は割と多いです。

RSウイルス感染症の流行は下記のようです。

軽症の咳、鼻汁の症状から重症の細気管支炎(ぜいぜい)や肺炎など様々です。
初感染では急性気管支炎を起こす危険性は高く、69%の乳児が生後最初の一年間でRSウイルス感染症に罹患します。
重症度は乳児期が多いです。特に1 歳以下では中耳炎の合併があります。。

みやま市 柳川市 筑後市 大牟田市 大木町 八女市 里帰り受診 小児科 新生児内科 アレルギー科
内科 

夜尿症 便秘症 心の悩み 不登校 発達症 学校検尿 湿疹

小児の各種ワクチン 子宮頸んワクチン 成人肺炎球菌ワクチン

新型コロナウイルス感染症検査 そのウイルス感染症迅速
各種健康診断 特定健診 漢方診療 プラセンタ療法 医療サプリメント 医療ピアス 医療専売化粧品 

「ほほえみクリニック」へ

 

更新

 


page
top